真珠会とは?(真珠会会長のご挨拶)1998年版チラシより

 

 今年(1998年)1月2日に天から病を授かりました。
 初めは痛み等あり大変苦痛でしたが、都立大久保病院の御手当てで程なく快方に向かい有り難い事と感謝致しております。
 家庭に帰りましてからは同居中の次男の手厚い看病によって、追々に快癒致しました。
 病を得て寝ると居うことはつくづくと寝ながらに人生を振り返る事が出来るのだと感じております。
 想えば昭和11年11月戦前第1回の全国大会で読上げ算競技に優勝いたしました。
 (戦前に第1回、第2回とあり、終戦後新しく第1回となって現在に至っております。)
 そこで全国的に新聞に報道されて御近所の人から開塾を迫られて、開塾せざるを得ませんでした。
 勿論私の中で算盤の教え方はこうあらねばという確信が出来ていました。
 それからこの道一筋に参りましたが、その間に明治大学旧制商学部を出て、当時熊本から上京していた主人とめぐりあい結婚いたしました。
 主人は私と結婚したというよりはそろばんに全く魅せられた様です。
 それからそろばんの研究に没頭し私の教え方に則った教材を発明し特許権を取りました。
 その特許教材をもとにして教えておりますが お子様もより理解が深まるようで順調に授業が続いて居ります。
 毎日可愛いお子様方に囲まれて自分の信ずる道を歩いている私は全く幸せです。
 この生活が永遠に続いていくような気持ちで明るい生活を送らせて頂いて居ります。

 

真珠会とは?(真珠会会長のご挨拶)1996年版チラシより

 

 真珠会は今年(1996年)、珠算指導方法の組込まれた最新式の機器を導入しお子様たちの能力開発に、すばらしい効果を上げております。
 コンピューター連結の大型テレビジョンに写されての視聴覚教育は人気の的、興味を倍増させております。
 おかげ様で実務検定(高校レベル)も、小三の長江君が三級満点合格。二級は高倉さんと太田さん、北井君(小六)が合格を果して、大きな成果をあげました。
 また、全日本通信珠算競技東京都大会で団体では戸山小が、個人では浅井君と長江君が総合入賞、読上暗算では浅井君が二等、読上算で長江君と山本君が二等に入賞しました。
 村田女子珠算競技大会では、応用計算種目で野上智子さんが、三等に入賞しました。
 真珠会は、みな様とともに、増々がんばりたいとおもっております。

 

Copyright (C) 2003. Shuzanjuku Shinjukai all rights reserved.