慶真塾

2008年度 入試結果&体験作文


2008年度入試

SY 東京都立国際高校合格

我妻真帆さん 東京都立富士高校合格

後藤洋平君 実践学園高校 特進コース 合格

鰐川匠君 長野県立松本美須々ヶ丘高等学校 合格


SY 東京都立国際高校合格

慶真塾と初めて出会った中二の夏、私はどこの高校を受験するのか、そもそも都立と私立ってどう違うのか、偏差値とは何なのか、そのような受験に関する基本的なことすら知りませんでした。

中学二年生になったばかりのころは受験のことなど全く気にせずのんきに部活動に励んだり、遊んだりしていました。定期試験などはテストの2週間前頃から勉強するだけで普段から勉強することは全くなくテストの成績はそこそこでした。それでも周りの人と自分の成績とを比較すると比較的自分の成績はよかったのでそのころはそれで満足してしまっていたのです。ところがそんなことでは成績を維持できるはずがなく中二の一学期の期末試験の結果はあまり良いものとは言えませんでした。国語や数学は普段から勉強していなければ得点できない科目なので特にその二教科がふるわない結果となりました。
テストの結果を返されてから、はたしてこれから自分はどうやって勉強していけばいいのだろうか、自分の勉強法は実は間違っていたのだろうかと不安になるばかりでまったく勉強をすることができませんでした。このまま自己流で勉強を続けていいのか、それともBenesseなどの通信教育の教材などを利用するべきなのか、塾に行くべきなのか、また塾に行くとしたらどのような塾に行けばよいのかと真剣に悩みました。そんなとき僕の友人の後藤洋平君が彼の通っていた塾「慶真塾」を紹介してくれたのです。
慶真塾は僕が出会った最初の塾でした。私は塾というと受験勉強に特化していて、たくさんの塾生や講師、厳しい講義や大量の宿題がでるなどかなり受験に対して厳しいイメージをもっていたのですが、慶真塾は私の予想を良い意味で裏切ったのでした。後藤君に紹介されて初めて慶真塾に訪れた時に私が持っていた塾のイメージは崩れ去るのでした。慶真塾には講義など一切なく少数の塾生が一つの部屋で集中して自習するというスタイルでした。塾自体も変わっていて、たとえば大手のサピッ○スや早稲田ア○デミーなどの自習室などのように仕切りがあり勉強だけをする場所というわけではなくもちろん受験勉強がほとんどなのですがそのほかにもいろいろな会話が飛び交う教室なのでした。塾生全員が勉強に対しても先生との会話にも積極的で本当に様々なことを吸収している様子でアグレッシブな姿勢にとても驚いたのを覚えています。
初めて塾に訪れ、そして初めて塾のテストを受け、後日テストの結果を返却されはじめて受験に関するアドヴァイスを受けたとき、この塾は僕に合っているかもしれないと思い、比較的すんなりと入塾しました。
入塾し、すぐに夏休みがやってきました。先生の指導のもと僕は英語を中心に勉強していきました。中二の範囲から学習を始めとんとん拍子で中学の範囲をすべて終わらせることができたのです。先生の指導のもと塾のテキストを進めていきたったの一か月もたたないうちに都立高校の入試問題で高得点を記録することができたのです。成長したのは英語の学力だけではありませんでした。先生は塾生と一緒に教育的で示唆に富んだドキュメンタリー映画を見に行ったり、勉強のため、教養のための書籍を貸してくれたりといわゆる「受験勉強」以外の知識、幅広い考え方などが養えるという点で、受験意識による偏った考え方を持たなかったというのがかなり大きな点だったかもしれません。
中二の夏休みごろから受験に関しての意識改革をし、また普段から勉強する癖をつけたことで中二の二学期からはかなりの学力アップを図ることができました。

時間はとても速く流れあっと気がついた時にはもう中三の夏休みを迎えていました。このころになるとほとんどの受験生は受験対策のために進学塾へ行ったり家庭教師に来てもらったりと何らかの形で勉強し始めると思います。実を言うと僕も本気で受験に関して悩みだしたのはこのころだったのです。志望校は都立国際高校。英語のレベルがとても高く英語を専門に勉強したいと思っていた僕にはぴったりの学校でした。中二の時点で中学英語を勉強し終えていたので僕は中三のはじめから塾の先生に勧められて旧増進会(現在の○会)の中高一貫校向けのレベルが一番高い英語の教材を進めていました。また苦手だった国語に関しては、それまでの「試験前に教科書やノートを見直し、教科書準拠のワークブックをこなす」という勉強法がいかに自分の虚構的な実力に結びついてしまっていたかに気が付き、普段から様々なものを読み、偏りのないようにバランスよく考え、そうしてどこかに自分の考えを書きつける、そういったことで自分の日本語能力を高めていきました。口語文法も全くと言っていいほど体系的な勉強はしておらず、中三の夏休みにやっとマスターできたのでした。大の苦手だった数学に関しても中三の夏休み中にすべてを終わらせ、私立の難関校レベルの入試問題も解答できるレベルとなりました。結局塾での8月の月例テストでの成績は自己ベストで3科目偏差値71をマークしました(志望校判定での合格確率は私立海城高校70%私立国際基督教高校85%そして志望校の都立国際高校は88%)。
そうして僕は第一志望校であった都立国際高校に推薦入試で入学(その時の内申点は45点で満点でした)、つい最近の定期試験(200812月)ではクラス順位1位学年2位の成績でした。また8月の河合塾全統高1模試での偏差値は国語67数学58英語86 3科目71 英国76 でした。

決して毎日がりがりと勉強しているわけではありません。逆に毎日部活や家で楽器をがりがりと弾いています。学校の勉強、自宅での勉強そして塾での勉強のバランスが良いので必死に勉強せずともこれだけの成績がとれたのだと考えています。このバランスの良さを慶真塾で身につけたのです。
これからはというと部活に身を投じ将来に向けて頑張っていきたいと思っています。

目的なき道ほど虚栄なものはない」 毎日目標を持って頑張ります。


後藤洋平君実践学園高校 特進コース 合格)

私が慶真塾で体験した、高校受験にむけての日々は決して忘れることはないだろう。
私が慶真塾に入塾したのは、中学二年生の初め頃、中学一年生の後半から、学校の授業内容が段々と難しくなり、ついていけなくなったのが入塾するきっかけでした。知り合いの慶真塾のOGに紹介され、見学しに行ったところ、まず私は、慶真塾という空間に驚愕した。キレイで、白くて、明るいといった私の塾に対する勝手なイメージを見事にぶち壊したのだった。そこにはお風呂があり、コンロがあり、カップラーメンもある。普通の部屋と何ら変わらないのだ。唯一塾らしいところといえば、夥しい量の参考書と教科書、辞書、本があるところだ。その中で先生(塾長)がいて、生徒を指導している。生徒の年齢層は幅広く、中学校高学年から小学校低学年までの生徒がいて、皆仲が良く見えた。たまに勉強以外の話しをしたり、塾全体が和気藹々としていた。そんな塾の雰囲気やスタイルを見て、ここなら楽しんで勉強ができるのではないかと思い、入塾を決断した。
 慶真塾は、私にとって初めての塾だったので、実際に何をしたらいいのかわからず、勉強に対して漠然としたイメージしかなかったので困惑していた。しかし、これが慶真塾のシステムなのではないかと今となって私は思う。何もわからないからこそ、自分で必死に探し、見つけようとするように、私は先生にたくさん質問したり、様々な事を考え、試行錯誤を繰り返しながら勉強方法や弱点、目標を少しずつ着実と見つけていった。そうした手探りの毎日は私にたくさんの刺激をもたらしてくれた。「わかる!」という喜びを知ってしまった私は、日を重ねていくうちにつれてどんどん意欲的に学習に励めるようになり、塾がとても楽しみで大好きになっていった。初めのうちは学校の授業の進度に合わせて、ついていけるようになればと思っていたが、中学二年の夏から、毎月のテストの結果に加え、志望校判定の結果が返ってくるようになり、少しずつ受験を意識し始めた。しかし受験勉強という受験勉強はやらず、あっという間に中学三年生になってしまった。
 中学三年生になり、自分は受験生になったということを認識し、より勉強に対する姿勢が強まった。塾では中学三年生達が続々と入塾していき、とうとう受験生は十人以上まで達した。私は、慶真塾で二度受験生の先輩達を見てきたが、こんなに多いのは初めてだった。昨年までは通常指導の日でも部屋に二、三人、多くて四人だったのが、その年は四人が当たり前になり、たまに教室にある全ての机が埋まるくらい人が集まる場所となった。しかもほぼ全員受験生。こんなに緊張し痺れる空間があるのだろうか!今年の慶真塾は何か違う!と感じた。今年の慶真塾は受験生が多い分補習が何回もあり、第二の家のような感じでほぼ毎日塾に入り浸り、塾に明け暮れていた。人が集まる慶真塾は活発な情報・意見交換ができ、お互いを常に刺激し合える事ができたが、人が多すぎてたまに、うるさくなると、とことんうるさくなり、集中できなくなってしまうときもあった。しかしそういった馬鹿騒ぎも楽しみのひとつだった。夏休みに入るまでは、まだ皆中学二年生の延長のような感じだったが、夏休みからは鬼の様に勉強した。ちょうどこの時期に本格的な受験勉強がスタートした。中学三年生の予習はすべて終わらせ、皆それぞれ自分のやるべき課題をみつけ、自主的に勉強に励んでいた。塾で配られるプリントやテストを何枚も何十枚もこなし、勉強の量を増やしていった。量より質というけれど、とにかく量をこなしていけば自然と質もでてくると私は、この慶真塾での体験を通じて思った。受験が近づくにつれて、勉強する量も一段と増え、緊張感も高まっていった。受験前日まで、最大限の努力をした。そして受験当日、模擬試験とほとんど同じような雰囲気だったが、「本番」という重さが自分にプレッシャーを与え、リラックスして試験に臨めなかった。試験は無事終了し、家に帰り、やっと終わったという開放感に包まれながらベッドに私は倒れた。しかし、まだ受験は終わっていない。自己採点が残っている。塾に呼ばれ恐る恐る塾へ行った。塾についたときにはもう二人の生徒がいた。みんなで採点をした。一人は泣いたり笑ったり一喜一憂していて、もう一人は「だめだ」といって机に伏せた。私は前者と同じく、数学の点数が悪すぎて落ち込んだり、英語の点数が思った以上にとれてて、とても喜び嬉し泣きをした。自己採点の結果では合格ラインを超えていたので、安心して、あとは合格発表を待つのみとなった。そして合格発表、私は残念ながら不合格となってしまった。目の前の現実が信じられず、ただ唖然とするしかなかった。「嘘だろ」と心の中で呟きながら何度も自分の受験番号を探したが、どこにもなかった。その後私は、その事を親と塾に報告し、堅実校として合格した私立高校に入学金を振り込んだ。家に帰ったあと素直に私は泣いた。そして塾にいき、塾の仲間たちと報告し合い、お互い喜びと悲しみをわかちあった。受験は本当におもしろいなとこの時感じた。今まで何もしていなくても、学校にいって好きなことができたのが、今度は自分で好きな道を選べて、それにむかって努力をしなくてはならないのだ。希望通りの道に進めるかもしれないが、希望通りの道に進めないかもしれない。はじめて現実というものにぶつかる機会なのだと私は思った。
 結果的には、私は志望校に落ちてしまったが、それで良かったのではないかと私は思う。私の行く学校は、志望校の環境よりも厳しく、勉強に熱心な学校なので、勉強を本気でするにはそこはとても良い環境だ。神様はどうやら私にもっと勉強をさせたいらしい。これが運命!と開きなおるしか他はない。第二希望で入った高校だが、自分で勝ち取った学力で、自分で選んで入った高校だから後悔はしていません。知名度が低かろうが、偏差値が低かろうが高かろうが気にせず、誇りをもって三年間の学校生活を送って行きたいです。
慶真塾での経験を通じて得た事が三つあります。まず、一つ目は自主的に勉学に向かう姿勢です。それがなくては、勉強はできないといっても過言ではないでしょう。仮に勉強ができたとしても、そこに自主性がないとすれば、それは本物の勉強ではないと私は考えます。自分が知りたいから、学びたいから、勉強をする。そこに意義があるのです。そうして手に入れた知識は本物の学力となり知性となる。二つ目は、集中力と忍耐力です。慶真塾は時には煩く、時には暑く、時には寒い、急に人口密度が増えたり減ったり、環境の変化が激しいところです。そこでひとつの事に集中する力と忍耐力が身につきました。三つ目は、仲間です。慶真塾の仲間は皆、お互いを高め合い、刺激し合える良き仲間です。そしてライバルでもあるのです。彼らがいたからこそ乗り越えられたものもありました。「持つべきものは友」だと改めて実感しました。
最後に、私が慶真塾に二年間通ってどのくらいの学力がついたのかを紹介します。慶真塾に入塾した直後の偏差値は、三科目41五科目40 中学三年生最後のテストでの偏差値は三科目62五科目59です。約20もの偏差値が上がりました。


我妻真帆さん都立富士高校 合格)

都立高校の受験において、一番必要なのは内申だと思う!
もちろん、実力も必要だ。
しかし私は正直言って、今でも後悔するほど受験勉強をちゃんとやっていなかった…
でもそんな私が念願の都立富士高校に受かったのは、内申があったからだ!
受験当日のテストで目標としていた380点に届かなくて「絶対に落ちたぁー」と落ち込んでいた。
でも内申が換算で45あったから、私は見事合格することが出来た!
それに内申があればあるほど、ライバルが減る!!

ではまず、内申をいかにして稼ぐかが問題だ。
そのためには、
@
学校に遅刻しない!
遅刻を繰り返すと先生の信頼も失ってしまうし、私立受験の時にも不利になる!

A
提出物は確実に出す!
できれば期限内に。どうしても間に合わなかった場合は先生に「○○日には出します。」と言って、出す時には「遅れてすみませんでした。」と一言いうこと。

B
授業中に寝ない!
寝てては評価が下がるだけ。どうしても眠いときは突っ伏して寝ないで、体を起こして起きてるフリをして寝る…

C
生徒会あるいは学級委員になる!
先生の信頼を得るためには、入っておいた方が良い。

D
先生と仲良くする!
休み時間や給食の時間などを利用して、色んな先生とおしゃべりをする!こうすることによって、先生に可愛がられる生徒になる。
先生も人間である限り、多少贔屓をする部分もあると思う。そういうことがある場合、先生に信頼され、可愛がられているような生徒の方が有利だ!
多少親しくなってきたらタメ口などを交えてもいいが、タメ口を許さないような先生にはやらないこと!
もしタメ口を許してくれるような先生でも、「親しき仲にも礼儀あり」というように敬語もちゃんと使うなど、メリハリをつけると良い。
「これはただ単に、先生に媚っているだけじゃないのか?」と思うかもしれないが、先生との信頼関係は絶対に築いた方がいいので、多少のことは我慢だ。

E
先生に「ありがとうごさいます」などの挨拶をよく言う!
例えばテストを返してもらったときに「ありがとうごさいます」と言い、会釈をするだけで好印象をもたれる。
私は母の教えのせいがあってか、「ありがとうございます」や「すみません」などの挨拶は意識しなくても自然と口に出るようになっている。
それは小学生の頃からの癖なのだが、こういう挨拶はとても大切なのだ。
中学の先生にもこのことについて褒められたことがあったが、私の中では当たり前と思っていたことなので特に何も思わなかった。しかし周りの人を見てると、意外と出来ていない人が多かったことに気づいた。

以上のことをやれば、多少実力がなくても内申はそこそこ取れるようになると思う。
あくまでも私の実体験に基づいて書いたことなので、必ずしもこれが正解だとは限らない。しかし、これくらいのことは意識してやっておいたほうがいいと思う。

高校受験は怖い怖いと思っていたが、第一希望の高校に受かった時は涙が出るほど嬉しかった!
常日頃の行いが合格へと結びついたのではないかと私は思う。


 

鰐川匠君長野県立松本美須々ヶ丘高等学校 合格)

効率のよい勉強

私は家では勉強ができませんでした。いや、家だけでなく学校でも普段の授業がおろそかになっていました。
そんなときに入ったのが慶真塾です。
3
年生になり、友達に勉強の仕方を聞いていたところ、この塾を薦められて見学に行きました。そのときに私はまだ塾というものに対して知識がなかったので、確実性のある大手の塾への入塾を考えていました。

その友達に連れられ見学に行ったとき、最初に驚いたのは塾の雰囲気でした。誰もが気軽に質問を先生にぶつけ、そして先生が丁寧、かつ分かりやすく教えていました。私は授業などで質問をすることが苦手で、分からないこともそのままにしてしまっていたので、すぐにこの塾に入りました。

ところでみなさんは個人塾、大手塾のデメリットは何だと思いますか?
私は、個人塾では問題の質、大手塾では11人に接していられる時間だと思います。
しかし慶真塾では大手塾の問題が置いてあります。しかも個人塾のメリットである11人に接していられる時間は十分取れています。大手塾ではできないことです。このように、慶真塾では大手塾、個人塾両方のメリットを生かして勉強ができるのです。「枠」をはずすことによって、効率のよい勉強ができるのです。


受験校も決まりだした私は、過去問を解いていました。
実は、私は県外の高校を受けることになっていたので、東京都と私の受験する高校の問題の傾向の差にはとても苦労しました。
しかし、先生は傾向を調べてくれて、私にあった教材を探してくれました。それを何度も解くことによって、傾向の差に悩むことはなくなりました。
そのおかげで、入試本番に自分の力の120%の力を出すことができ、第一志望の高校に合格することができました。


 

ドバドバトップページへ戻る
慶真塾トップページへ戻る